トウシューズはいつから大人は履けるの?

バレエと言えばトウシューズ。大人からバレエを習おうとしている人なら、きっとそのシューズに憧れ、「いっか履いて踊りたい!」と夢見る筈です。

 

トウシューズ

 

白鳥の細やかな足さばきだったり、ジゼルのふわりと浮き上がるようなアラベスクなど、「あんなふうに踊れたらいいのに」と誰もが思うことでしょう。

 

 

こっそりトゥシューズを既に買っているという人もいるかもしれませんね。
そんな大人からバレエを始めた人なら、トゥシューズはいつから履けるの?と思っている方も多いでしょう。

 

 

子供の場合なら、いくら運動神経や発育が良くても小学校の2〜3年生くらいまでは履かせないほうがいいと良く聞きます。
というのも、膝や甲をある程度きちんと伸ばして踊れるようになってからが好ましいからのようです。

 

 

子供の骨は、部分的にまだ柔らかいですから、あまり負担をかけると、骨が変形したりするなどの危険性があるからです。
また、プロを目指すような子供なら、幼いころに基本をきちんと習得させることのほうが大事ですからね。

 

 

ですが、大人のからバレエを始めた人の場合なら、膝や甲が完全に伸びてからというと、なかなかトゥシューズにはたどりつけないかもしれません。
大人は子供と違って骨がしつかりしていますから、ある程度の動きが身についたら、トゥシューズに挑戦してみるのもいいのではないかと思います。

 

 

甲が伸びていないと、膝が曲がり、バランスをとって移動するのもやっとできるかという状態でしょう。
でも、試しにバーを使って、トゥで立ってみると、意外にも「あ、立てる…」と感動し踊ることがもっと楽しくなって、バレエがより好きになるはずです。

 

 

また、最近はトゥパットが改良もされているものもあるので、つま先で立つことが比較的に楽に出来ます。
バレエシューズでまっすぐドゥミ・ポアントに立てる人なら、ある程度はっトゥシューズで立つことが出来るかと思います。

 

 

最初は膝も曲がり、お尻も出てしまうかもしれませんが、体を引き上げようと意識して行えば、少しずつ進歩はしていけます。
これはバレエシューズでは経験できませんからね。

 

 

ただ、年配の方は甲は伸びなくても良いので、足の小指側に体重をかけることはしないように気をつけてください。
捻挫の原因になったりすることがあるからです。また、転倒するようなチャレンジはしないようにしましょう。

 

 

その時には何ともなくても、骨折したり、腰にヘルニアが起きたりすることもありますから、十分に注意してくださいね。
そして、トゥシューズで立った姿が、自分の理想と違っていても焦らないでください。

 

 

プリンシバルのお手本を見ながら、正しい効果的な練習を重ねていけば、バランス感覚も鍛えられ、大人からバレエはじめた初心者からでも上達していけますよ。
既に履いている人も、そうでないという人も、大人の方ならぜひトゥシューズにトライしてみてくださいね(^-^;

 

橘るみのバレエ上達練習法の詳細を見てみる